フリーランスが会社連絡なしのキャッシングを利用する時のポイント

そもそもフリーランスは会社連絡なしが多い

会社連絡なしで利用出来るキャッシングに対して、強く魅力を感じる人は大勢います。何らかの事情によって会社にばれてしまうリスクを極端に回避したいと考えている人はもちろんですが、どういう状況にせよ「借金を人に知られたくない」と思うのは当然と言えます。

しかし、フリーランスの場合は基本的に一人で仕事をしている状況が多くなってくるため、職場に電話があったところで問題ないという人が多いでしょう。自宅を職場として使用していると言う時には、家族が電話に対応してしまう可能性があるからそれを避けたいという理由は分かりますが、基本的にはそれほど意識する必要性はないと言えます。そもそも、自宅を職場としている場合は電話連絡自体が無いのが普通です。

会社連絡なしには条件が必要

自宅と職場が同じ場合、基本的にキャッシング会社から電話連絡が行われることは少ないという事を紹介しましたが、とは言え「絶対に確認がいらない」という訳では無い為、どうしても気になるという人はしっかりと準備を進めることが大切です。

例えば、自分が間違いなくそこに居住していることを証明できる「住民票」などや、公共料金の請求書などを使う事によって証明することが出来ます。また、運転免許証やパスポートなどの顔が確認できる本人確認書類を準備することも必要です。

保険証でも本人確認が出来る場合があるのですが、顔写真なしの場合には電話による本人確認が行われる可能性が高くなります。また、指定口座を開設するなどの条件がある場合もあります。